平成16年4月
各郡市P連 会  長  殿
各郡市P連 事務局長  殿
各単位PTA校  長  殿
各単位PTA会  長  殿


市町村合併に伴うPTA組織の取り組みについて


 春暖の候、益々ご健勝のことと拝察申し上げます。
 平素は、PTA活動にご尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、既にご承知のとおり、国の行政財政改革の一環として、平成17
年度からの市町村合併に伴い様々な動きがあり、現在28都市の団体で構
成されている岡山県PTA連合会(以後県P連)も現在の安定した組織を
維持するため、その対応に準備を進めているところでございます。

 PTAは、直接子どもたちと関連のある単位PTAの活動が中心であり
組織の基本となるもので、そうした活動が県内すべての単位PTAで、安
心して円滑に実施できるように支援するのが各郡市P連・県P連の使命だ
と考えております。したがって、新たな市町村合併に伴って組織の再編成
上、問題となる課題も多々あろうかと存じますが、県P連各郡市が一つに
なって今後に備えたいと存じます。
 つきましては、市町村合併後の事務局の問題や単位PTAからの情報に
遺漏のないようなシステム・組織づくりを目指した取り組みを進めていた
だければ幸いです。

 そうした取り組みをすすめる上で、上部団体である日本PTA全国協議
会においては国の揺れ動く改革の中、市町村合併により再編され、新たに
誕生する特例指定・政令指定都市についても、これ以上の組織の細分化は
財政問題や諸状況から判断し、困難であるとして現状組織の61構成団体
で引き続き組織運営することを決定しています。
                  (日本PTA全国協議会の見解)

 県P連においてもこの方針を受け、現在の県P連組織であります各単位
PTA・連合会組織を、今までどおり県P連組織として維持してまいりま
す。
 県内の会員に共通の情報・資料が提供され、県内隅々の活動情報が共有
できる安定した活動の推進に全力を傾注してまいります。

 最後になりましたが、関係各位におかれましては、上記ことについてご
理解をいただき、今後とも子どもたちの健やかな成長に、ご支援とご協力
を賜りますようお願い申し上げます。