総評

学校へ関心高める工夫

 児童生徒の学校生活やPTA活動への興味・関心を
一層高めたい。広報紙からは、そんな強い気持ちが感
じられた。何をテーマに選ぶのか、どのような紙面に
仕上げるのか、これまでに製作された広報紙や他校の
広報紙を参考にしながら、作ろうとする広報紙が読ん
でみたい広報紙になるよう検討が重ねられたに違いな
い。
 広報紙を広げると、切り取られた学校生活の様子や
児童生徒の表情を映した記事から、これまで気付かな
かった児童生徒の個性が見えてくる。また、学校行事
が出来上がっていく過程やその舞台裏を取材した記事
から、学校行事の違った印象が生まれてくる。そして
、児童生徒の学習への感じ方や先生の指導に対する考
え方、自身の経験と重ね合わせた保護者の願いなどを
特集した記事によって、授業の見え方が変わってくる

 どの紙面にも児童生徒の学校生活やPTA活動への
理解を深め、関心を高めようとする工夫があり、配置
された一枚一枚の写真、添えられた一つ一つの言葉か
らも製作者の熱意が伝わってくる。学校にとって、児
童生徒、先生、保護者、地域の方々をつなぐ広報紙の
果たす役割は大きい。広報紙は、みんなの学校の応援
団だ。

       岡山大教師教育開発センター教授
                 山ア 光洋