総評

製作の感動や充実感共有

 応募された広報紙を見ると、紙面のつくりは、さま
ざまだ。その内容の構成、レイアウトの仕方、紙面数
などに製作された方々の苦心の跡が見られる。
 学校規模や配布対象によって違うだろうが、児童生
徒数が減少する中で、広報紙に十分な費用をかけたり
編集のための会議を何度も開いたりすることが難しく
なってきている。しかし、それぞれの紙面からは「よ
り良い広報紙にしたい」という変わらぬ思いが伝わっ
てくる。
 今回は「子どもと大人が一緒に考えるきっかけにな
るものにしたい」「地域の方にも読んでもらえるもの
にしたい」「子どもが大人になったときに読み返した
くなるものにしたい」「インパクトがあり、分かりや
すいものにしたい」など、製作の意図を明確にした広
報誌が数多く見られた。
 また、大きさや角度など切り取り方の違う複数の写
真と内容を端的に表した見出し、詳細の分かる本文を
巧みに組み合わせて臨場感ある様子が伝わるよう工夫
された記事や、話題性のあるテーマを取り上げて調査
を行い、その結果と専門家などの意見を組み合わせて
説得力を持たせた記事などが印象に残った。
 添えられた出品票に、広報紙にかかわった人々が製
作の過程で共有した感動や充実感のすばらしさについ
て触れられた感想が目に留まった。こうした声がある
限り、広報紙への変わらぬ思いが、今後もPTA活動
を支え続けていくことだろう。

       岡山大教師教育開発センター教授
                 山ア 光洋