発刊のご挨拶

楽しく、読まれるPTA新聞づくり

 岡山県PTA連合会は、「地域に発信する力を育て
よう」をキャッチフレーズに、広報紙づくり研修会を
毎年山陽新聞社のご協力により実施しています。
 平成二十六年度もこの広報紙づくり研修会を県内四
会場にて実施し、約五百人の方々が参加され、企画・
編集、レイアウト・見出し・写真の使い方などアドバ
イスを受けながら、「面白くて役に立つ」「楽しく読
まれるPTA広報紙」「楽しい新聞づくり」を目指し
て、それぞれのPTAで頑張って勉強されたことと思
います。
 PTA広報紙は会員相互の繋がりを密にし、学校と
家庭、そして地域を結ぶパイプの役割を持っています。
広報紙の役割は、学校の行事や情報、子どもたちの動
向などを保護者や地域の人に伝えることであり、特に
情報の共有という点においては、PTA広報紙の持つ
意義はこれからも益々高まってまいります。
 子どもたちは学校でどんな頑張りをして何に感動し
たのか、また、学校ではどのような行事があり、どの
ようなPTA活動が行われたのか、それを伝えること
ができます。広報紙はそれを作る人も、読む人も、子
どもたちのことや学校のこと、またPTAのことにつ
いて、関心を持ったり考えたり、情報を共有すること
に繋がり、PTA活動を活性化させ、子どもたちの健
全育成に大きく寄与する活動の一つだと思います。
 ここで広報紙づくり研修会の参加者のコメントをご
紹介します。
◎広報紙を作るのは初めての経験でしたが、記事の書き方や配置等基本的な事が学べて良かったです。
 PTA活動に関心を持たない人たちにも、手にとってもらえるような“掴みのある”表紙の写真・
 デザインを考えました。
◎新聞づくりのコツを学び、編集作業を楽しむことができました。企画構成の重要さを知り、早くか
 ら企画を考え検討を重ねることができたので良い内容になりました。
 パソコンやデジタルカメラの普及により、すばらしい広報紙がたくさん作られています。またどの
広報紙からも、子どもたちの笑顔があふれ、先生や保護者の温かいまなざしと愛情が感じられます。
 本年度も魅力ある広報紙づくりにご尽力いただきますようお願い致しますと共に、岡山県PTA連
合会優秀広報紙集を発刊するにあたり、広報紙集がPTA活動の更なる充実と活性化の一助となりま
すことを願い、あいさつとさせていただきます。
                                  岡山県PTA連合会
                                    会長 土屋降士



学校と家庭と地域を結ぶPTA広報紙

 「子どもたちは、どんな学校生活を送っているの」「今、学校や地域で何が問題になっているの」-。
 学校を取り巻く環境が年々大きく変わる中、親の関心事も多岐にわたります。とりわけ、子どもたちの普段の学校での様子はとても気になることの一つと言えます。そんな学校と家庭や地域を結び、より豊かな子どもの生活・教育環境の実現に役立てるのが、PTA広報紙の大きな役割と言えるでしょう。
 岡山県PTA連合会主催の広報紙コンクールが本年度も行われ、数々の広報紙に触れる機会を得ました。審査会は2015年3月13日に岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、小学校83点、中学校43点の計126点の応募作について、審査委員長の山ア光洋・岡山大教師教育開発センター教授らとともに念入りにチェックしました。
 審査会に立ち会うのは私自身2年ぶりのことでしたが、子どもたちへの愛情や紙面づくりにかけた熱意は、以前と同様に強く感じることができました。学校行事を写真で掲載するだけではなく、アンケートを行った結果を載せたりイラストやレイアウトに工夫を凝らしたりするなど、作り手の伝えたい気持ちが紙面を通じて感じられました。
 県知事賞の「はぐくみ」(笠岡市立中央小)は、子どもたちの間で使い方をめぐりさまざまな課題も指摘されているスマートフォンに関して、利用調査の結果をもとに適切な使い方を考える特集が目を引きました。同じく県知事賞の「高徳」(津山市立久米中)はアンケートに加えインタビューなどの企画力が光り、写真の大小、配置などレイアウトにも工夫の跡が見られました。
 ほかの広報紙を見ても、限られた紙面をいっぱいに使い、例えば見出しを斜めに配置したり劇画風のイラストを入れたりするなどして、思わず引き込まれる紙面が数多くありました。
 一方で、写真を載せることに力を注ぎすぎたのか、文章や写真説明、見出しが目立たずアルバム的になってしまったケースや、逆に文字が多すぎて紙面が単調になり、やや読みづらいものもありました。写真と記事のバランスをとりながら、より良い紙面づくりに生かしていただけたらと思います。
 広報紙を作る作業は、手間と時間がかかります。どんなテーマで、何を中心的に取り上げるか。どんな記事や写真を入れるか、どんな割り付け(レイアウト)を行うか…。さまざまな過程を経て紙面を作ることになりますが、作業にあたるメンバーの方々には、楽しみながら取り組んでいただきたいと思います。自分たちなら、どんな情報が欲しいのか、読者の目線に立ち内容を考えてみてください。子どもたちの表情、学校や先生の様子が生き生きと反映された広報紙は、きっと読んで楽しく役立つ紙面になるはずです。
                                 山陽新聞社
                                  読者局次長 中田秀哉