発刊のご挨拶

読んでみたくなる広報紙を目指して

 今年も「地域に発信する力を育てよう」をキャッチ
フレーズに管内(四会場)にて、広報紙づくり研修会
を山陽新聞社のご協力により実施します。昨年度も約
六百人の方々が参加され、「楽しく読まれるPTA広
報紙」「楽しい新聞づくり」を目指してご活躍のこと
と存じます。
 広報紙づくり研修会では、山陽新聞社の記者の方に
各単位PTAの広報紙の添削や講評をいただくととも
に、企画・編集・レイアウト・見出しや原稿の書き方
・写真は表情溢れたもの等……実際に、レイアウトを
しながら制作体験をします。各地域からの参加者はい
つのまにか友となり、楽しく研修されています。

 ここで参加者のコメントをご紹介します。
◎実際に新聞を切りはりした実技指導は、大変おもし
ろくわかりやすく、見出しのつけ方やレイアウトなど
次号の作成から取り入れました。今までよりも若干構
成を変え、より子どもたちの楽しい日常が地域や保護
者の方々にお伝えできる紙面になりました。皆さんが
楽しみに手に取ってくださるように、見やすいレイア
ウトと、関心を持ってもらえるような情報を届けるよ
う工夫しました。子どもたちにも楽しく読んでもらえ
る広報紙ができたと思います。
◎研修会では、一学期に作成した広報紙を添削してもらい、自分たちが気づかなかった点を教え
ていただき勉強になりました。また、優秀広報紙や配布資料はインパクトの大きなものばかりで
何度も参考にし勉強しました。読みやすさを重視した紙面を工夫し、何がみんなに伝えたいかを
しぼりました。アンケートでは、おこづかいや手伝い、テレビやヘルメットなど学校では見えな
い、そして各々の家庭だけではわからない悩みをみんなで共有できるよう取り組みました。

 こうして研修を受けて、次回の広報紙がつくられて毎年三月に開催される県広報紙コンクール
に出品していただきます。
 広報紙づくりはPTA組織を活性化するための重要な活動の一つです。また、仲間づくりやP
TA活動を学ぶ学習の場でもあります。各単位PTAの広報紙を通して家庭・学校・地域社会が
一体となり、よりよい教育環境づくりにもつながり、教育や子育てのあり方が見直されていくな
かで、PTA広報紙の果たす役割はますます大切になっています。
 本年度も魅力ある広報紙づくりにご尽力下さいますよう期待申し上げるとともに、県広報紙集
を発刊するにあたり、広報紙集がPTA活動の一助となりますことを願い、挨拶とさせていただ
きます。

                                岡山県PTA連合会
                                  会長 藤谷幸弘



新聞から学ぼう

 PTA広報紙と山陽新聞など一般紙は大きさ、体裁、記事内容など大きな違いがあります。
しかし紙面づくりの基本は同じです。
 まず第一に記事を読んだ方に「有益だった」「楽しかった」「うれしかった」「驚いた」
「興味深かった」…と感じてもらわなければなりません。記事の内容はPTA広報紙、新聞と
も生命線と言えます。しかし、どんないい記事でも読んでいただかないと、意味がありません。
そこで重要になるのが「見出し・レイアウト」です。
 新聞の良否は以下のことで決まります。政治部、社会部や支社支局の外勤の記者が、いかに
いいネタをつかみ、徹底的に取材して、読者に分かりやすい的確な記事を書く。これが第一段
階です。そして記事を料理するのがニュース編集部の内勤記者です。記事の価値判断を正しく
行い、分かりやすく、目を引く見出し、斬新なレイアウト…。広報紙づくりも同じような流れ
になります。
 新聞で言うネタ。広報紙でも、まず何を掲載するかが大切です。事前の編集会議でしっかり
議論する必要があります。
 学校では海や山の研修、学習発表会、卒業式と決まった行事があります。子どもたちの生き
生きした姿を写真とともに紹介する..。これが広報紙の役割の一つであることに異論はないで
しょう。
 さらに紙面を充実させるには、どんな記事が必要でしょうか。例えば、子どもを狙った犯罪
の増加、ネット・携帯電話の普及に伴うトラブルやいじめ、食生活はどうあるべきか、読書の
時間は…。児童・生徒を取り巻く環境の変化や対処法は保護者にとって大きな関心事です。
 ネタとなる資料は県PTA連合会が用意していますし、新聞にも参考になる記事が多く載っ
ています。学校単位でテーマに沿ったアンケートを実施すれば、より身近な問題として受け止
められるでしょう。
 見出し・レイアウトは秋に県内四カ所で開催される広報紙づくり研修会で、われわれ講師陣
が講義していますが、教材として使っているのは新聞です。
 広報紙づくりのヒントは、ほとんどが新聞の中にあると言ってもいいでしょう。折しも新学
習指導要領が本年度から小学校、来年度からは中学校で全面実施され、授業での新聞活用が本
格化します。広報担当のみなさんも、新聞から多くのことを学んでいただきたいと思っていま
す。
 最後になりましたが、今回、小学校県知事賞に輝いた大井小は、モノクロで比較的地味なレ
イアウトにもかかわらず、企画記事が光っていました。レイアウトでは中学校県知事賞の里庄
中の作品が、斬新かつダイナミックでした。日生西小の三月発行分も卒業生が望む未来の自分
を、漫画で特集する新機軸を打ち出していました。入賞作以外にも素晴らしい広報紙は多くあ
りました。
 今秋、みなさんと研修会でお会いするのを楽しみにしています。

                                 山陽新聞社
                                 編集局地域活動部長
                                      遠藤俊介