発刊のご挨拶



 岡山県PTA連合会は、「地域に発信する力を育て
よう」をキャッチフレーズに、毎年広報紙づくり研修
会を山陽新聞社のご協力により実施しています。
 昨年度も管内(四会場)にて約五百人の方々が参加
され、「楽しく読まれるPTA広報紙」「楽しい新聞
づくり」を目指して研修を受け、それぞれ地域で頑張
っておられます。特に研修会では、国や県のあらゆる
情報資料を提供し、各単位のPTAに情報提供の場、
交流の場としても活用されています。

また、各単位校が持参した広報紙の添削や評価をいた
だくとともに、企画・編集・レイアウト・見出しや原
稿の書き方・写真の撮り方、選び方など、実際にレイ
アウトをしながら制作体験をします。真剣な目と一生
懸命な顔、楽しそうな笑い声とともに各地域からの参
加者はいつの間にか友となり会話が弾む楽しい会とな
っているようです。各グループで完成された作品をホ
ワイトボードに展示し、講師の方々から講評をいただ
きますが、これも楽しみの一つとなっています。
 ここで参加者のコメントをご紹介します。
◎今まで広報紙の編集に関わったことがなかったので、
編集の基礎やレイアウトの方法等を学ぶことができ貴
重な体験となりました。子どもたちの元気な姿を残し
たく写真を多く取り入れるとともに、文章の必要性を
学習したことで後期の広報紙がバランスのとれたもの
になったのではと思います。
◎視覚に訴える効果的なレイアウトの仕方等広報紙づくりのポイントを知ることができてとても
参考になりました。特に「写真の撮り方」については、研修会でのお話をふまえ、早速運動会で
躍動感のある写真を撮ることができ、紙面づくりに活かせたと思います。学校・家庭・地域のつ
ながりを大切にしながら、子どもたちや先生、保護者の生の声や生き生きとした様子などを伝え
られるよう、手作り感あふれる親しみの持てる紙面を目指しました。
 こうして研修を受け、各単位PTAの広報紙を編集して、毎年三月に開催される県広報紙コン
クールに出品されます。
 年々紙面の見栄えがよくなって、楽しい広報紙がたくさん寄せられています。またどの新聞か
らも、子どもたちの笑顔があふれ、先生や保護者の温かいまなざしと愛情が感じられます。
 各単位PTAの広報紙の役割は、学校行事や情報、子どもたちの動向、PTA活動を、保護者
や地域の方々に伝えることであり、特に情報の共有という点においてPTA広報紙の持つ意義は
これからも益々高まってまいります。
 本年度も魅力ある広報紙づくりにご尽力下さいますようご期待申し上げるとともに、県広報紙
集を発刊するにあたり、広報紙集がPTA活動の一助となりますことを願い、
ご挨拶とさせていただきます。

                                岡山県PTA連合会
                                  会長 藤谷幸弘





 岡山県PTA連合会の二〇〇九年度PTA広報紙コンクール審査会は二〇一〇年三月十五日、
岡山市北区柳町、山陽新聞本社で開かれ、岡山大大学院教育学研究科の小野擴男教授を審査委
員長に、県PTA連合会役員、山陽新聞社編集局幹部、地域活動部の記者らが担当しました。
 審査員の一人として一点一点チェックするうちに、気づいたことがあります。それは、春に
制作した広報紙と秋以降のものとの違いです。
 広報紙制作の基本を学んでもらおうと、毎年秋、県PTA広報紙づくり研修会を開いていま
す。昨年秋は津山市を皮切りに、新見市、岡山市、倉敷市の計四会場であり、大勢の担当者の
方が参加されました。講師は山陽新聞社の記者七、八人が務めました。
 研修会では、どんな記事を掲載するか⇒見出しの付け方⇒写真や見出しの配置…と紙面づく
り全般について講義をし、最後に新聞を切り抜いてレイアウトの実習を行います。併せて、春
に制作した広報紙を講師が赤ペンで添削し、良い点、改善すべき点を指摘し、返却しています。
 会場でも様々な質問を受け、アドバイスします。
 「写真を並べるだけでなく、短くても記事をつけて下さい」「記事を書くときは5W1H(いつ、
どこで、だれが、なにを、なぜ、どのように)を意識して」「記事には見出しを、写真には写
真説明を」「教育的に役立つ企画記事、アンケートを」…。
 約三時間半の長時間にわたる研修会は受講者の方はもちろん、われわれ講師陣もかなりの疲
労感を覚えます。
 しかし、審査の時、報われる思いがしました。秋以降制作した多くの広報紙は素晴らしいも
のになっていました。記事と写真がバランス良く配置され、さまざまなアンケート、企画記事
が載り、ちゃんと写真説明、見出しがついている…。
 今回、栄誉に輝いた、県知事賞をはじめとした入賞作品は、記事、レイアウト面で優れたも
のばかりです。選にもれた作品の中にも素晴らしい広報紙は多くありました。
 研修会で、こんなことがあったのを覚えています。短時間でしかも良くできたレイアウトを
していたのに驚き「いい紙面ですね」と声をかけると「三年目の参加になります」と話されま
した。「継続は力なり」と言いますが、研修会で毎年、着実に力を伸ばされていることに、本
当にうれしくなりました。
 みなさんの中には、昨年度に続いて今年もPTA広報紙の制作を担当される方もいるでしょ
うし、また、初めて広報紙づくりに取り組む方もおられるでしょう。
 今年も昨年と同様、秋に四会場で研修会を開催します。われわれ講師陣も全力投球しますの
で、ぜひ参加されることを願っています。会場でお会いできるのを楽しみにしています。

                                 山陽新聞社
                                 編集局地域活動部長
                                      遠藤俊介