発刊のご挨拶


 岡山県PTA連合会は、「地域に発信する力を育て
よう」をキャッチフレーズに管内(四会場)にて、広報
紙づくり研修会を山陽新聞社のご協力により毎年実施
しています。
 昨年度も約六百人の方々が参加されました。それぞ
れの単位PTA・地域で学校の現状、子どもたちの様
子、知っていただきたい情報等、盛り沢山の記事から
「楽しく読まれるPTA広報紙」を願い、また卒業さ
れた方は地域や家庭で「楽しい新聞づくり」を目指し
て、ご活躍のことと存じます。
 恒例の広報紙づくり研修会では、各単位PTAの広
報紙の添削や講評をいただくとともに、企画・編集・
レイアウト・見出しや原稿の書き方・写真は表情溢れ
たもの等々、実際にレイアウトをしながら編集体験を
します。真剣な目と一生懸命な顔、楽しそうな笑い声
とともに、各地域からの参加者はいつの間にか友とな
り、会話が弾む楽しい会となってまいりました。
 ここで参加者のコメントをご紹介します。
◎研修会に参加してレイアウトの決まりや技法を学ぶ
ことができて良かったです。またアンケートを実施す
 る予定はなかったのですが、挑戦することにしまし
 た。”同じ作るなら楽しく”を合い言葉に、広報紙
 づくりを実施しました。楽しく読んでもらえ、子ど
 もたちの学校生活を知る手立てに、そして家庭での
 話のきっかけになってほしいとの思いで紙面を工夫
 しました。

◎研修会ではありきたりのレイアウトから脱皮する方法、テーマのアイデア、見出しのコツ
 などのお話をうかがえて良かったです。保護者の皆さんが中学校に関心を持っていただけ
 るよう、まず、”見たい”と思ってもらえる表紙づくりに力をいれました。子どもたちの
 目線になって、子どもたちと向き合うきっかけとなる記事内容にしました。アンケート集
 計は大変でしたが興味深い内容でした。
 さまざまな研修を受けて、各単位PTAの広報紙が制作され、県広報紙コンクールに出品
になります。
 各単位PTAの広報紙は全員の知りたいテーマを取り上げ、問題意識を持って取材し、今
後の活動が示されたものであるため、PTA活動のバロメーターであり、最良の媒体ともな
るものです。特に情報の共有のという観点からも、PTA広報紙の持つ意義はこれからもま
すます高まってまいります。魅力ある広報紙づくりにご尽力くださいますようご期待申し上
げるとともに、県優秀広報紙集を発刊するにあたり、広報紙集がPTA活動の一助となりま
すことを願い、ご挨拶とさせていただきます。

                                岡山県PTA連合会
                                  会長 太田豊秋




 二〇〇七年度PTA広報紙コンクールを担当させていただいた。審査は二〇〇八年三月十
四日、岡山市柳町、山陽新聞社本社で行われた。倉敷芸術科学大学の平野重光教授を審査委
員長に、編集局ニュース編集部、地域活動部の記者、岡山県PTA連合会が携わった。小中
学校から前年より十八点多い二百二点が集まった。
選考で感じたアンケートの効果について述べてみたい。
 「似たような雰囲気の紙面が多いなぁ」「同じような写真が雑然と並んでいるね」。審査
員からはそんな声が上がった。学校は入学式、運動会、海や山の研修、学習発表会、卒業式
と決まった行事が続く。このためイベントを紹介するとどの広報紙も同じに見える。そんな
作品を特徴づけたのがアンケートだ。PTA広報委員たちが苦労して取り組んでいる。それ
だけに自然と目が向いてしまう。
 県知事賞になった倉敷市立琴浦西小では、よく読む本の種類、一ヶ月に何冊読むかを五、
六年生に聞いている。同賞の倉敷市立真備中では、親と子に質問した。子が親に伝えたいベ
スト1は「子どもの気持ち分かっていますか。大人の気持ちを押し付けていませんか。あまり
怒らないで」だった。
 県PTA連合会長賞の岡山市立横井小では、「地球の資源がもったない、わが家のエコロ
ジー」をテーマに企画した。子どもや家族ができることとして「水を出しっぱなしにしない
」などの回答を引き出している。
 同賞の岡山市立岡山中央中では「言われてうれしい言葉イヤな言葉番付」を作った。子ど
もが親から言われてイヤな言葉の横綱は「勉強しなさい」、一方、親が子どもから言われて
イヤなのは「うるさい」だった。
 アンケートに「現代加茂っ子事情」とうまい見出しをつけたのは岡山市立加茂小だ。「ひ
ょっとしたらわが家だけ」の項目に、ある家庭は「兄弟が多いので夜寝るときの布団の場所
はローテーション制」と答えており、ほほえましかった。アンケートの有無が広報紙の善し
悪しを決めるものではない。だが、思わず読んでしまう。学校の特徴がでる。それだけに、
選考基準の一つとなってしまう。さらに社会性もあるので、地域や学校を啓発していく効果
もあると思う。
                                山陽新聞社
                                編集局地域活動部長
                                     赤田貞治