総評

独りでない子どもたち

 これまでとは大きく違う1年だった。どんな1年で
あったとしても、一人一人の児童生徒にとってかけが
えのない1年であることには変わりない。
 いつも通りに送ることのできない学校生活、当たり
前だと思っていた行事の延期や縮小、ままならない日
常の中で頑張っている子どもたち。明るい話題で子ど
もたちを勇気づけてあげたい、我慢したり努力したり
している姿を認めてあげたい、自分を応援してくれて
いるたくさんの人が身近にいることを教えてあげたい。
子どもたちが大人になったときに「今」が大切な思い
出になっていてほしいという、広報紙作成に携わられ
た方々の切なる願いが伝わってくる。
 数は少なくても学校での出来事を一つ一つ丁寧に扱っ
て、大切な時間として振り返ることができるようにし
よう。文字で説明していなくても写真を見れば、この
ときの生活や行事をそれぞれに思い起こせるようにし
よう。取材や紙幅が制限されて例年通りの紙面はでき
なくても、広報紙には作成された方々のそのような思
いと工夫が十分表れている。
 子どもたちは独りではない。友達、保護者、教職員、
地域の方など、多くの人に見守られ、支えられている。
広報紙は、子どもたちにこうしたメッセージを伝える
大切な役割を担っていると強く感じた。

       岡山大教師教育開発センター教授
                 山ア 光洋



































令和2年度 優秀広報紙集2020
平成31年度 優秀広報紙集2019
平成30年度 優秀広報紙集2018
平成29年度 優秀広報紙集2017
平成28年度 優秀広報紙集2016
平成27年度 優秀広報紙集2015
平成26年度 優秀広報紙集2014
平成25年度 優秀広報紙集2013
平成24年度 優秀広報紙集2012
平成23年度 優秀広報紙集2011
平成22年度 優秀広報紙集2010
平成21年度 優秀広報紙集2009
平成20年度 優秀広報紙集2008
平成19年度 優秀広報紙集2007
平成18年度 優秀広報紙集2006
平成17年度 優秀広報紙集2005